会長挨拶

第45回日本美容外科学会総会・第145回学術集会
会長 山本 有平 (北海道大学 形成外科 教授)

この度、来る2022年9月22日(木)、23日(金・祝)に、第45回日本美容外科学会総会・第145回学術集会を、京王プラザホテル札幌において開催させていただくことになりました。

これまで、本学会総会は、1991年に大浦武彦名誉会員が第14回、2007年に新冨芳尚最高顧問が第30回、2017年に野平久仁彦会長が第40回を主催されており、北海道大学医学部形成外科同門にとりまして大いなる誉でございます。この機会を与えて下さいました本学会の役員、評議員ならびに会員の皆様に対し、心から厚く御礼申し上げます。

日本美容外科学会は、国内の美容医療を牽引していくリーダーシップを掲げ、美容外科を中心とし、美容レーザー、フィラー(注入医療)、medication、再生医療など、美容医療全般における知識、技術の向上をはかり、日本形成外科学会をはじめとした国内外の関連学会および団体との連携を行なってきました。また、学会の綱領に医の倫理を掲げ、医師の道徳教育とともに学問的体系の確立、発展のために努力しております。昨今の美容医療に対する一般市民の関心、ニーズの高まりに応じて、学会正会員数は毎年増加しており、現在では1500名を超えており、学術集会には、美容医療に携わる多くの医師、看護師、スタッフ、関連機関の方々が参加されます。

学術集会プログラムでは、特別企画:美容形成〜事始めから匠への道、特別講演、パネルディスカッション、鼎談、学術委員会企画、一般口演、ポスター発表等を準備しており、最新の医療のみならず、学問としての美容医療を念頭におき、広い世代間で医療情報や技術の交流の場となるようにしたいと考えております。尚、本総会・学術集会では、患者さんの個人情報守秘の観点より、各演題、セミナーのweb配信は行わない予定です。

私は、この10年余の間、幾つかの全国学会を主催させて頂きましたが、本学術集会会長が、北海道大学形成外科教授としての最後の全国学会開催の勤になります。これまでの学会主催経験と昨今のコロナ禍の暗い時代を経て、今の心境として、北海道日本ハムファイターズ 新庄BIG BOSSの様に、“ポップで明るく楽しい学会〜それでいて、地道に、一生懸命に!”を目指して、会員をはじめ学会に関連される全ての方々と共に、本総会・学術集会を心より満喫いたしたく存じます。

清涼なる9月の連休期間、学会と共に、素晴らしい北の大地をお楽しみ頂けますよう最善を尽くしたく存じます。秋が深まる札幌で、北大形成外科教室・同門会員と共に、皆様を心よりお待ち申し上げます。

Go Toホッカイドウ! 皆様方のご指導、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

ページトップ